[AWS Practioner] [1.主要なサービス] 4.VPC作成手順

一つのVPC内でどのSubnetがインターネットにアクセス出来るのを許可する、二つのSubnetの連携を定義するなど自分で設定出来る。

上のイメージで以下に設定されている

  • Subnet1がInternet Gateway経由でInternetアクセス出来る。その他にRoute table設定によってSubnet1はSubnet2とSubnet3にも繋げている。
  • Subnet2はPrivate Subnet、Internetに接続出来ない。VPC内Subnet1とSubnet3に繋げる。
  • Subnet3もPrivate Subnet、Internetに接続出来ない。でも、Private gateway経由でCustomerからアクセス出来る。逆にSubnet 3内のInstanceからCustomerのNetworkにもアクセス出来る。

1.作成手順概要

  1. VPC作成
  2. Subnet作成 (どのVPCに属するかを指定)
  3. Gateway作成 【どのVPCに属するかをアタッチ】
  4. RouteTable作成 (どのVPCに属するかを指定) → 【どのSubnetに属するかをアタッチ】
  5. Instance作成 (どのVPCとSubnetに属するかを指定)
    ()の中で作成している時に指定する、【】は作成してから別画面にてアタッチするという意味です。

2.作成手順詳細

1. VPCを作成

  • 必要な情報:
    ① 名前タグ:VPC名
    ② IPv4 CIDR ブロック:VPC の IPv4 アドレス範囲を指定

2. Subnetを作成

  • 必要な情報:
    ① 名前タグ:Subnet名

    ② VPC:どのVPCに所属するかを指定
    VPCを選択したら選択されたVPCに該当する情報が自動的に「VPC CIDR」所に表示される。

    ③ アベイラビリティーゾーン:どこAZに所属するかを指定。
    Regionによって選択しているRegion内に該当するAZが自動的に表示される。
    自動的に選択するには「指定なし」を選択する。



    ④ IPv4 CIDR ブロック:の IPv4 アドレス範囲を指定
    ※VPCのIPに存在しないIPを指定する場合にはメッセージエーラが出る。


    ※VPC内で存在しているIPと重複している場合にもメッセージエーラが出る。

    ☆ IP指定についてIPとSubnetに参考してください。

3. Gateway作成とアタッチ

作成

「名前タグ」にGateway名を入力し「インターネットゲートウェイの作成」ボタンを押下する。

アタッチ

Dashboard画面にてInternetGatewayをチェックし「アクション」ボタンを押下し「VPCにアタッチ」をクリックしアタッチしたいVPCを選択する。

4. RouteTable作成、アタッチ、編集

作成

「名前タグ」にRouteTable名を入力しVPCを選択し「作成」ボタンを押下する。

アタッチ

Dashboard画面にてRouteTableをチェックし「アクション」ボタンを押下し「サブネットの関連付けの編集」を選択する。

「サブネットの関連付けの編集」画面にて選択したVPCのsubnetが全部表示される。RouteTableをアタッチしたいsubnetを選択し「保存」ボタンを押下する。

編集

Dashboard画面にて「ルートテーブル」チェックし「ルート」タグ下に「ルート編集」ボタンを押下する。

①デフォルトにlocalの送信先はRouterにする。 ②Gatewayにするには②通りに設定する。

5. EC2 Instance作成

EC2作成手順はこのリンクに参考してください。ステップ3でどのVPCとSubnetに属するかを指定する。


参考資料


All Rights Reserved