+3

[AWS Practioner] [1.主要なサービス] 3.Subnet

VPCに関連するCoreServiceに紹介されたサービスの一つはSubnetです。SubnetからInternetにデータを送信するためのProtocolの一つはTCP/IPです。この記事でTCP/IP Protocolの成分、Internetに繋げる仕組みについて説明する。

1. IP Address

Internet Protocolを利用中のコンピューターに付けるIP帯です。IPv4とIPv6二つの種類に分ける。
IPv4とIPv6の違い

IPv4 IPv6
ビット数 32 ビット
=8 ビット (1 octet) * 4
128ビット
=16 ビット (1 octet) * 8
● 192.168.1.1
→ 11000000.10101000.0000
0001.00000001
● 2001:0f68:0000:0000:0000:
0000:1986:69af
→ 0010000000000001:0000
111101101000....
※ 0000なら省ける → 2001:f68::1986:69af


IPv4に対して32桁で表示する。Userが読みやすくなる為に8桁ごとに.で分けて書く。例:172.214.174.192

IP AddressがA,B,C,D,Eの5つのクラスに分けている。
最初のビットによってどのクラスに所属するか判断する。 Aクラスの最初ビットは0、Bクラスは10、Cクラスは110、Dクラスの最初4ビットは1110、Eクラスは1111。それから、上のイメージでのIP AddressはクラスCに属している。
現在点にはA,BクラスのIP Adrressが使い切られた、Cはまだ少し残っている。DとEは別目的の為に使っている。

2. Subnet Mask

上で説明したIP Address量に対して規模が広いインターネットシステムではすぐ使い切る状態になっているけど、会社内など規模が小さいシステムにとってこのIP Address量を使い切るのは無理です。更にシステム内コンピューターを管理するのは問題が発生する可能性がある。それから、IPを子IPに分ける為にSubnet Maskを使う

IPv4でSubnetMaskを書き方は二つがあります。

① IP Addressを判断するように左からビット数を書く。
この方法ではIPの末尾に定義し/で分ける。

例:192.168.1.1/24とは192.168.1.1がIP Address、24はシステム内に他IPを確定するビット数。
左から24ビットが192.168.1のは 192.168.1.x (x が0から255まで)のようなIPが同じシステムに属するという意味です。他のIPは192.168.1.1/24に属しないことになる。

② 32桁数でIPのインターネットシステムを確定する為にビット1を宣言する
いつも11…110…0, 10…0, 1…10, 11…11 又は 00…00という形に定義される。後でこのビットの32桁からDecimal4桁に交換する。
例:255.255.255.0又はBinary (11111111) (11111111) (11111111) (00000000)のは最初の24ビットがインターネットシステムのIPを確定する。この書き方は上の/24書き方と同様です。

3. Gateway

確定されるIPに送信する時にrouting tableに送信路を記録する。でも、どのコンピューターでも送信路をわかるわけではない。この場合では、Gateway経由でデータを送信する。

家庭など規模が小さいシステムではRouterはGateway機能を含めるけど、大きなシステムでいつもgatewayとrouterは同じIP Addressわけではない。

ipconfigコマンドでIP、該当Subnet、Gateway情報を把握できる。また、自分で設定することが出来る。

参考資料


All Rights Reserved

Viblo
Let's register a Viblo Account to get more interesting posts.