Viblo Code
0

[AWS Practioner] [5.練習] 試験によく出る概念

このポストにて利用するのは珍しけど、試験によくあった概念を纏める。

Placement Group

  • 単一のAZ内のInstanceを論理的にGroup化する。
  • 低いレイテンシー:10Gbps/s。

Neptune

  • 検索結果をヒントする。

Snowball

  • 容量が大きなファイルを送信ためにサービスです。

Athena

  • S3に保存されたデータ分析Queryを実行するサーバーレスサービスです。

ECS (Elastic Container Service)

  • EC2サービスをContainer化する。

Global Accelerator

  • 一番近い物理的なEndpointにTraficをRoutingする。

Auzora

  • 大規模なDBに利用する。

Translate

  • 英語とその他の言語との間でテキストを翻訳する。

Forecast

  • 事後例予測のためのFull Managed学習サービスです。

SageMaker

  • 機械学種モデルを構成およびTraining出来るサービスです。

Rekognition

  • 映画分析と動画分析をAppに追加。

Budgets

  • 作成した予算をオーバーした時にAlertで知らせくれるServiceです。

Cost Explore

  • コストとリソースの利用状況を可視化するサービスです。

Organization

  • 複数のAccountの請求をまとめる。

Lightsail

  • WordPressを選択して簡単にサーバーを起動する。
  • 月額固定できる。

CloudWatch Log Insights

  • ログを分析する。

X-Ray

  • アプリが処理するRequestに関するデータを収集する。

System Manager

  • AWSリソースの運用データを確認し運用タスクを自動化出来る。

Pinpoint

  • MobileApp向けのCampaignを管理する。

Code

  • CodeCommit:Version管理サービス
  • CodeBuild:Build & Test
  • CodeDeploy:Deploy

DMS (Database Migration Service)

  • On-premisのEC2データベースからAWSのデータベースに移動する。

Migration Hub

  • 移動タスクを一完管理する。
  • 移動のStatusを詳細に把握できる。

Server Migration Service

  • On-premisサーバーからAWSへの移動にかかる時間を短縮。

GuardDuty

  • CloudTrailやVPCフローログ等から疑いActivityを検知する。

Certificate Manager

  • SSL/TLS認証のプロビジョニング、管理を行うサービス。

EMR (Elastic Map Reduce)

  • Hadoopを使った大量のデータを処理する。

Artifact

  • ComplianceのDocumentを監査者に送信。
  • 利用中のAWS InfraのComplianceを示す。

CloudSearch

  • Applicationに検索機能を追加。

OpsWork

  • Chef&Puppetを使って運用を自動的にする。

AWS Config

  • リソースの設定が変更されたときにも設定項目を生成し、設定レコーダーの起動時点からリソースの設定項目の記録を履歴として保持します。
  • API コールを呼び出して、リソースへのすべての変更を追跡します。

Elastic Cache

  • AWSでCacheDataを提供するサービスです。
  • 利点
  1. 速度が速い
  2. 大規模及び速度が求められるシステムではDBのLoadBalance構成に対してコストが減らす。
  • 週類
Redis Memcache
複雑な形式データを保存できる:
String, hash
value-key形式しか保存出来ない
Persis的があります
dumpfileに保存する
Persis的が無い
削除した後でどこでも保存しない→回復できない
MemcacheよりRAM容量を掛かる RAM容量を掛からない

Trusted Advisor & Inspector

Trusted Advisor Inspector
AWS Trusted Advisor は AWS 環境を分析し、推奨ベストプラクティスを次の 5 つのカテゴリで提供します。
① コストの最適化
② パフォーマンス
③ セキュリティ
④ 耐障害性
⑤ サービスの制限
● 自動的にアプリケーションを評価し、露出、脆弱性、ベストプラクティスからの逸脱がないかどうかを確認できます
● 自動化されたセキュリティ評価サービスで、AWS にデプロイしたアプリケーションのセキュリティとコンプライアンスを向上させることができます
AWS Account & Serviceに応用する 複数のEC2 Instance中身に応用する

AWS WAF & Shield

AWS WAF Shield
● SQL Injection
● Cross-site Attack
● OS Command Injection
● DDoS layer 7
● DDoS layer 4

Scaling

垂直 水平
Up, Down In, Out
性能:CPUとメモリ インスタンス数

VPC Endpoint & Pairing

VPC Endpoint Pairing
VPCとAWSサービス VPCとVPC
Privateで接続

All Rights Reserved