+2

[AWS Practioner] [2.総合サービス] 3. RDSとElastic Beanstalk

1.RDS

1.利点

リレーショナルデータベースを自分で実行する場合に課題を解決する為、AWSでは、継続的な管理が不要で、リレーショナルデータベースの設定、運用、スケールを行う RDS (Relational Database Service) を用意しています。

Amazon RDSでは現在、MySQL、Amazon Auzora、Microsoft SQL Server、PostgreSQL、MariaDB、Oracleの6種類のデータベースをサポートしています。

2.特徴

  • Multi-AZ機能
  • RR(リードレプリカ機能)
    リードレプリカ機能は、読み取り専用のレプリケーションを作成できる機能です。
    この機能を使うことで、親機に読み取りにかかる負荷を軽減できます。
    これにより、親機のパフォーマンスが向上します。

  • 自動バックアップとリストア
    RDSの最大の特徴の自動バックアップ機能は、最大5分前までのリカバリが出来る機能です。
    障害時や誤作動が起きた際に、5分前の状態に戻すことが出来ます。
    このバックアップも、簡単な設定を行うだけで、後はAWS側で勝手にバックアップを撮り続けてくれます。
    さらに、このバックアップデータは最長で35日間まで保存することが出来ます。

3.ユーザーケース

仮想プライベートクラウド内

複数のAZにRDSがある

2.Elastic Beanstalk

1.概念

AWS Elastic Beanstalk は PaaS (Platform as a Service) です。プラットフォーム全体をお客様のニーズに合わせて提供するサービスです。お客様は準備されたシステム上にコードを追加するだけで、アプリケーションがデプロイ出来る状態になります。

2.コンポーネント

3.作成手順

1. 名前を定義

2. 環境のtier選択

3. 環境情報を選択

  • プラットフォーム : Python, Apache, v.v..
  • アプリケーションコード : ローカルで開発したソースコードをアップロードする(Zipファイル)

5分ぐらいかかります。後でアプリケーションに対して作成されたURLにより誰でもどこからでもこのURLにアクセスできる。


All Rights Reserved

Viblo
Let's register a Viblo Account to get more interesting posts.